トップページ > 記事閲覧
次の主力商品としての喜多里
日時: 2006/08/19 00:00
名前: サッポロソフト応援支隊
昨今、スローフードが取り上げられているが、「喜多里」の商品開発は、商品戦略としてはよい選択であった。あとは、商品をいかに大事にしていくかであろう。商品開発によって商品を市場に出すという意味は、単に主力商品を補完する周辺商品を創るのではなく、現在の主力商品にとってかわる次世代の主力商品になることを願いつつ市場に出すものである。「喜多里」には契約栽培の農家も関わっている。これでこければ、農家の顔にもドロを塗ることになる。少々コスト高になっても、原点に回帰することによって、札幌酒精のコア・コンピタンスがより強固に確立したものになり、今後10年の経営戦略がみえるのではないのではないか。

- WEB PATIO -