長期甕貯蔵本格焼酎黄金の冬眠写真

「黄金千貫を醸す。」本格焼酎に傾けた熱意が形となった北海道は厚沢部工場の貯蔵甕。
 工場の本格稼働以来、毎年少しずつ冷涼な地下室の貯蔵用大甕に注がれた芋焼酎がいよいよ満を持しての登場です。
 北海道は雪に閉ざされる土地柄ゆえに様々な食材を保存を目的としつつ、より旨さを引き出すことを得意とします。
静かに寝かせ、時間をかけて熟成することで生まれる、まろやかで芳醇な味わい。

 まずは、いつも通りの割合でお楽しみください。 その違いにきっとご満足いただけるものと信じています。