札幌酒精写真館


第59弾 北海道産昆布焼酎[喜多里]

海上交通が盛んであった江戸時代。商業の中心地大阪を拠点に
日本全土に食文化を広める役目を果たした「昆布ロード」がありました。

その名が示すように北海道の昆布を積んだ北前船が
江戸、九州、琉球(沖縄)と進み清国(中国)へと伸びてゆき
運ばれた先々で独自の昆布食文化を生み出しました。

陸上輸送、航空輸送など物流の姿は変化しても
食材がつなぐ文化の橋は今も変わらず新たな感動を届けます。

北海道から続く「海の道」新たな味わいの出会いに乾杯