札幌酒精写真館


第19弾 北海道産本格昆布焼酎[喜多里]

波、穏やかに開かれた内浦湾。

船に乗せられた昆布の山が自宅に運ばれ、
家族総出の作業で伸ばされ一枚一枚大切に干されてゆく。
年端のいかない子供達でさえ身の丈の何倍もあろうかという昆布を懸命に抱えて運ぶ。

海岸沿いに立ち並ぶ家々のそこかしこに建てられた櫓に、所狭しと吊された昆布。
太陽の光を浴びて艶やかに輝くその姿は壮観だ。
この地が蝦夷地と呼ばれた昔から献上品として知られた味わいを、
たっぷりと使って仕立てました。

肉厚な身に蓄えられた旨み成分と町に漂う磯の香りを余さず盛り込んだ
北海道ならではの本格焼酎。喜多里昆布焼酎。ぜひ一度あなたもお試し下さい。

南茅部昆布干し作業