札幌酒精写真館


第16弾 北海道産本格芋焼酎[喜多里]

かつて失意の中、新天地をもとめ北海道に放浪し、
この地に深い感動を遺した詩人がいた。

普段着の言葉で伝えることを良しとし、
その実感のこもる言葉のひとつひとつが深く心にひびく作品たち。
世紀を越えてなお愛され続ける詩歌に詠まれたその砂山は、すでに姿を消してはいるが、
佇む横に絶え間なく打ち寄せた波の姿は今も変わらず砂浜を濡らしている。

「さけなるかな。酔ふては世に何の遺憾かあらむ。
我ら皆大に酔ひて大に語り、大に笑ひ、大に歌えり。」
(「四十年丁末歳日記」明治四十年九月十日)