札幌酒精写真館


第10弾 北海道産本格芋焼酎[喜多里]

すべてを美しく包みこむ白き天使。見た目の美しさとは裏腹の秘めたパワーに
人は度々翻弄される。

朝、窓を眺め「今日も雪か」と口にする瞬間、
なぜか喜びの気持ちがほのかに混じる。北国に暮らすものにとって、
朝な夕なに労を課す「雪」の存在は憂鬱な存在でありながら、大いなる恵みの素なのだ。

北には北の旨い焼酎『喜多里』。今夜もシンシンと、舌に心に旨さが降り積もる。