札幌酒精写真館


第3弾 北海道産本格芋焼酎[喜多里]

どんなに素晴らしい素材にも、かならず第一歩目という記念すべき瞬間がある。
丹精を込めるなんてことは、あたりまえ。とりたてて人様に説明することなんかじゃない。
それでも仕上がった時の誇らしい気分と、
やり遂げたという充実感は何事にも変えがたいものなんだ。

それはどれ程大きな事柄であっても、取るに足らない小さな事柄であっても同じだろう。
今、自分に出来る精一杯で始めた第一歩は大きな収穫へと向かって、
すでに動き始めているのだから。