札幌酒精歴史館


創業期【創業期の経営】

 操業開始にあたり、製品としての味に関するハードルを越えた当社の次なるハードルは「全国新式焼酎聯盟会」への加入でありました。当時の聯盟会は基本石数の設定及び市場に適応した生産調整をはかる事を任務として業界の協調につとめておりましたが、当社に割り当てられた基本石数による焼酎製造のみでは企業経営は難しいことは明白ではありました。しかし製造免許取得に関する条件の中に聯盟会への加入も含まれておりましたので再三の議論のすえ、打開策として焼酎製造と併行して「酒精含有飲料及び原料酒精」の取り扱いの免許を取得する事で経営体制の基礎を整えました。
 また昭和12年には道内の老舗酒類製造業者であった函館市の丸善菅谷合名会社の経営破綻に際し吸収合併をおこないました。当時の丸善菅谷合名会社は函館市本町に清酒製造場を、また近郊の七飯村に焼酎等の製造場を設け道内一円及び樺太を販路として手広く酒類及び食料品の販売業を経営しておりましたので、創立当初より基本石数不足により積極的な販売活動に支障をきたしていた当社にとっては経営基盤が一段と強化される結果となりました。
 丸善菅谷合名会社との合併効果には経営強化の他にもこんなこぼれ話があります。当社では創立時、銘柄の選定について社内及び社外一般からの銘柄応募を実施したが優秀作なしとの結果から地元名を冠した「札幌焼酎」の銘柄に決定、使用しておりました。合併に際し七飯工場で生産された焼酎には同社が使用していた「君萬歳」を継続しておりましたが、昭和25年秋より札幌工場で生産した焼酎も「君萬歳」の銘柄に統一しその名は現在に至っています。この「君萬歳」の銘柄は昭和11年今上天皇の本道行幸を記念して丸善菅谷合名会社が選んだ由緒ある銘柄なのです。
 昭和14年、国内では戦火の拡大により食料事情の逼迫から主食による酒類醸造に制限が加えられます。これにより本道では清酒生産量が30%もの減産を余儀なくされ、極度の清酒不足がおきました。そこで、当社では予て懸案中であった「合成清酒」の製造を開始します。しかしこの合成清酒の製造は言語に絶する苦労の連続となりました。合成清酒製造の命をうけた当時の工場長は直ちに大阪に赴き恩師である醸造学の権威者であった岩井先生を訪ね詳細の教示を受けます。しかし特に強い指導のあった「米の使用量が2割5分程度は絶対に必要である」との指示は当時の酒税法上認められていなかったことから調味薬品である、ブドウ糖・水飴・乳酸・こはく酸及びグルタミン酸ソーダをいかに調和させるかの研究を主体とした極めて原始的な方法で始められました。この試験醸造酒を試飲した「酒通」を自任する方々による「甘味が強すぎる」「酸味が強いようだ」「苦味が気になる」などのきびしい批判を糧として研究は急速に進み本格的生産体制に入ってゆくのでした。